ヒゲ脱毛ってどのくらい痛い?

ヒゲ脱毛ってどのくらい痛い?

美容外科治療ではかなりメジャーになっているヒゲ脱毛ですが、やはりお医者さんでの処置ということもあってか、かなり痛みの強い治療になるのでは?と考える人も多いようで、インターネットでの掲示板を見かけていても、結構その辺りの話しで盛り上がっている事が多いですね。

 

私自身もやはり、自分がヒゲ脱毛しようと決意するまでには、いろいろ情報収集をしましたので、そのあたりの心理というのはよくわかるつもりでいます。

 

毛根を焼くぐらいの強いレーザーを照射するわけですから、それによって非常に強い痛みがあったり、肌に火傷が発生したりするのではないか?という事を考えるのは、決して臆病な事ではなくて、普通の事だと思います。

 

私自身もこのあたりのリスクに考えた末に、アレキサンドライトレーザーという方式での医療脱毛を選択したのですが、結果としては、これは正解だったかと思います。

 

ダイオードという方法はかなり痛みの個人差があるようで、痛いと感じる人にしてみると、肌のコンディションの荒れ方などもひどいようで、インターネットにもダイオードレーザーでの脱毛による、結構悲惨な事例の写真が載っていたりしました。

 

私自身が、アレキサンドライトレーザーでの脱毛を体験して感じたのは、よく言われるような、ゴムを引っ張ってパチン!とやった痛み、というのとは、ちょっと感覚が違うなと感じました。

 

それというのも、レーザーの照射の際に、冷却のためのエアーを吹きかけられるので、痛みが感じない部分の時には、風をあてられているだけのように感じます。

 

反対に、痛いなと感じる時には、ゴムがパチンという名前さしものではなく、日がついているマッチを1秒間肌に押し付けられるような感じです。

 

顔の中でも、ひげが濃い部分が痛いです。
鼻の下やアゴは、ぶっちゃけかなり痛いです。

 

それに引き換え、ほほやもみあげといった部分は、ほとんど痛みがなかったりもします。

 

このあたりも個人差があるようですので一概には言えませんが、自分はひげが濃いという認識をしている人が、ヒゲの永久脱毛をする場合には、無理せずに、そのクリニックで用意されているますよ使うのが良いのではないかと思います。