美容外科のお客さんの男女比率は?

美容外科のお客さんの男女比率は?

美容外科というと、もはや美容院などとは比較にならないぐらい圧倒的に、女性のお客さんが多い!というイメージを持たれている方が、ほとんどなのではないかと思います。

 

確かに、今でも美容外科では女性専用のクリニックとしているところも多く、美容外科を利用する男女の比率の割合を考えると、まだまだ圧倒的に、女性の比率が高いというのも事実です。

 

 

ですがここ数年の間に、美容外科を利用するメンズというのはかなり増えてきていて、特にヒゲ脱毛がかなりの人気ですね。

 

以前から、ヒゲの脱毛グッズについては、通販などでもいろいろあり、それらの中には結構な人気商品もあったのですが、結局のところは、ヒゲが生えてくるような確かな効果があるものは実際にはなく、最後に行き着くところはやはり美容外科!という感じになっているのかと思います。

 

ちなみにこのひげが薄くなる、生えてこなくなる…というローションは私も使った事がありますが、はっきり言って半年ぐらい続けて利用してみても、全く効果はありませんでした(笑)

 

いや、笑い事ではないですね。2万円ぐらいのお金の無駄になったかと思います。

 

まあ実際に私の自分のこの例のように、世の中に数万円単位のお金を払ったとしても、自分のヒゲをなんとかしたいと考えている人は、確実に存在するという事ですね。

 

そういうこともあってか、私が実際に美容外科に通院するようになってからは、私と同じ年齢の、30代の男性のお客さんというのも、頻繁に見かけるようになりました。

 

男性のひげ脱毛などというと、よくある美容関係やファッション関係の雑誌でも、まだまだそれほど取り上げられている訳ではありませんけど、利用者は着実に増えているようですね。

 

ヒゲについてはやはり毛根がかなり濃いので、エステの脱毛などでは、まずほとんど効果がないといっても間違いないかと思います。

 

いずれエステの脱毛でも、ヒゲの脱毛ができる!という時代になってくるとすれば、エステ業界が得意としている芸能人を使った広告での全国展開で、一気に広げてくるのだと思いますが。

 

ですが、ヒゲの脱毛クリームのようなものが世の中に出始めてから、10年以上が経過した今でも、ヒゲのエステ脱毛というのはほとんど出てきませんから、やはり現実には難しいのでしょうね。

 

話がちょっとそれましたが、今では美容外科の利用者というのは、女性ばかりではなく、男性客というのもどんどん増えてきています。

 

女性の美容外科での、女性専用というクリニックがあるように、今では男性のための美容外科で、男性専用クリニックというものもあります。

 

ですので、待合室で女性に会うのがちょっと心理的に嫌だ…と考えている方は、このような男性専用クリニックを利用する事で、悩みは解消するかと思います。